プレスリリース

ルミナス、ノベイションとレーザー製品供給に関する三年契約を締結

◆ 「ルミナス、ノベイションとレーザー製品供給に関する三年契約を締結」
 
 
◆ 2004年12月1日 YOKNEAM, Israel


ルミナス、ノベイションとレーザー製品供給に関する三年契約を締結



ルミナス(LUME.PK)は、本日、VHA社と大学ヘルスシステム協会(以下UHC)のサプライヤーであるノベイション社と三年のデュアルソースアグリーメントを締結したと発表しました。契約は2004年12月1日に発効し、2007年11月30日まで有効となります。
ノベイションは、2300余りのヘルスケア関連施設をまとめるVHAとUHCに代わって、年間200億ドルを超える医療製品の購入管理をしている企業です。米国内でスタッフ完備の全ベッド数の27%、同国内の入院総数の31%、手術総数の27%を賄っています。
一方、ルミナスは、眼科、泌尿器科、ENT、婦人科、整形外科手術用レーザーを35年以上にわたって製造してきた医療機器のメーカーです。ルミナスの最先端技術を駆使したレーザー機器は、今後、ノベイションを介して数千単位の施設に導入されることになるでしょう。


ノベイションとの契約により、ルミナスは様々なマーケティングおよびセールスの機会を得ることができ、ノベイションの関連施設へよりよいアクセスを得ることが可能となるでしょう。同時に、VHAとUHCのメンバー施設は、ルミナスが提供する最先端のレーザー技術を手に入れることになるでしょう。
ルミナスは、これまでも様々な製品分野での画期的な医療技術革新を行ってきました。例えば、前立腺肥大症(BPH)治療にはルミナス ホルミウム レーザーの使用が初めて承認され、また、選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT)に使用されるレーザーは、開放隅角緑内障において眼圧を下げる治療用の光機器として初めて承認され、また唯一の技術となっています。

"今回の契約は、ノベイション関連施設の購入可能な機器のオプションの拡大を目指した、ノベイションの努力の一環だ。"と、同社のプロダクトマネージャー、Keith Johnson氏は話しています。"ルミナスとの契約は、関連施設を中心に構成されるノベイション周術期審議会(Novation Perioperative Council)の提言と、製品の性能や受容性、コンバージョン・ケイパビリティといったファイナンシャル、ノン・ファイナンシャルの基準の分析結果に基づいて締結されたものです。"


社長兼最高経営責任者であるAvner Raz氏は、"ルミナスは、医師やヘルスケア施設と協力して、患者のクオリティ・オブ・ライフの向上に必要とされる器材提供に努めています。目的に合った(highly focused)レーザーソリューション、患者様を主眼に据えた機能強化、そして弊社伝統の強力なカスタマーサービスを通じて、ルミナスはメディカルコミュニティのニーズに応え、多様な疾病に対する臨床対応の進化に貢献して参ります。ノベイションとの契約成立は、ルミナスが効果的なメディカルソリューションの提供にフォーカスしてきたことの証となるでしょう。」と述べています。


ノベイション社について

テキサス州アーヴィングに本拠を置くノベイションは、1998年1月に、ナショナルヘルスケアの同盟関係にあるVHAとUHCの複数のサプライ・プログラムを結合し設立されました。ノベイションは2300以上あるVHAとUHCのメンバー施設および加盟施設における購入ニーズに対応している企業です。また、2003年にVHAとUHCのメンバー施設に対して、年間200億ドル以上を充てた実績があります。詳細は www.novationco.comを参照ください。