プレスリリース

ルミナス、中国におけるLumenisOneの薬事承認取得と、アジア・パシフィックでの500台を超えるIPLQuantum機器販売を発表

◆ 「ルミナス、中国におけるLumenis Oneの薬事承認取得と、
アジア・パシフィックでの500台を超えるIPL Quantum機器販売を発表」 

 
 
◆ 2005年6月20日YOKNEAM, Israel


ルミナス、中国におけるLumenis Oneの薬事承認取得と、アジア・パシフィックでの500台を超えるIPL Quantum機器販売を発表



メディカル、エステティック、眼科、歯科、そして獣医科の領域におけるに医療用レーザー、光治療器のグローバルメーカーであり、販売元であるルミナス(LUME.PK)は、本日、中国の州食品医薬品局(SFDA)からLumenis Oneに対する薬事承認を取得したことを発表しました。また、日本を除くアジア・パシフィック地域において、500台を超えるIPL Quantum機器を販売したことを併せて発表しました。


社長兼、最高経営責任者であるAvner Raz氏は、「中国のSFDAよりLumenis Oneの薬事承認を取得したことは、大変画期的な出来事で、この承認により、Lumenis Oneを制限なく市場販売することができ、また国公立病院でも、より容易に購入することができるようになりました。もうひとつの画期的な事柄は、2001年のSFDA によるIPL Quantum承認以降、500台を超えるIPL Quantumを販売したことです。これは、ルミナス製品に対する高い顧客満足度を明確に実証しています。」と述べました。


Lumenis Oneは、第四世代のIPLテクノロジーであり、 またエステ市場における、ルミナス社の最先端開発の地位を強固なものにしました。確固たる基盤を最適化し、構築したLumenis Oneは、3つのゴールデンスタンダード・テクノロジーを、ひとつのマルチ・テクノロジー、そしてマルチ・アプリケーションのプラットフォームに集約しています。その3つのゴールデンスタンダードとは、スキンリジュビネーション(皮膚若返り)、血管性病変、そして色素性病変を治療するインテンスパルスライト、脱毛用のLightSheer、そして静脈瘤や深部の血管性病変を治療するNd:YAGとなっています。
この機器の最大の特徴は、オプティマル・パルス・テクノロジー(OPT)、多数のプリセット、そして、簡単設定、分かりやすいタッチスクリーンのソフトウェア・インターフェイスを備えていることです。これらの特徴をもつLumenis Oneは、患者様に、より快適で、より迅速な治療を提供し、また患者様情報をより簡単にトラッキングすることを可能にしました。


IPL Quantumは、ルミナスの中間レベルに位置する、エステ部門のマルチ・アプリケーション機器で、フォトリジュビネーション、永久減毛、そして深部の静脈瘤、皮膚治療を含む、幅広いさまざまな症状に対して使用されています。LumenisのIPL Quantum機器は、その優れた臨床結果、使いやすさ、そしてアップグレードも可能なシステムのため、世界中で2200ヶ所を超えるエステ部門のクリニックで選ばれています。