プレスリリース

LumenisOneTMシステム出荷台数が600台を突破

Lumenis OneTMシステム出荷台数が600台を突破
 
 
 
◆ 2006年3月3日 YOKNEAM, Israel
 

OPTTM、ゴールドスタンダードのLightSheer(R)、マルチスポットNd:YAG、そして画期的AlumaTMモジュールを備えた第四世代IPL(R)にユーザーの高い評価


メディカル・エステテック・眼科・歯科・獣医学用レーザーの領域における医療用レーザー、IPLシステムのグローバルメーカーであり、販売元であるルミナス(LUME.PK)は、本日、Lumenis Oneプラットフォームの出荷台数が600台を突破したことを発表しました。これはエステティック業界において非常に画期的な出来事です。つい先頃IPL(インテンスパルスライト)システム製品群に加わったLumenis Oneは、ルミナスのエステティック部門の光・レーザー処置の最重要プラットフォームです。IPL技術を考案し、1995年に初の商品化を実現して以来、ルミナスは多数のIPLシステムを市場に届けてきました。

Lumenis Oneは、業界唯一のIPLテクノロジの第四世代に当たる製品であり、第一線でIPLの改良を進めるルミナスの地位をさらに強化するものです。Lumenis Oneは、ルミナスの臨床的・技術的基盤を土台としてそれを最大限利用し、ゴールドスタンダードである4種の技術を1つのマルチテクノロジ、マルチプラットフォームに一体化します。皮膚のフォトリジュビネーション(光若返り治療)および血管病変・色素性病変の処置にはIPL、脱毛にはLightSheerダイオードレーザー、下肢静脈および深層部血管病変の処置にはNd:YAG、シワ、小ジワ、皮膚のたるみの処置にはFACESOを備えたAlumaを使用します。本システムの重要な特長として、OPT(Optimal Pulse Technology)、多数のプリセット、容易なユーザー設定、タッチスクリーン操作の直感的インタフェースなどがあります。こうした特長を備えたLumenis Oneを使えば、患者の快適さが増し、処置がより迅速に行え、患者情報のトラッキングが容易になります。

社長兼最高経営責任者のAvner Raz氏は、次のように語っています。"2004年前半以来のLumenis Oneの出荷台数が600台に達したことは、エステティック市場の最先端技術を推進する弊社の成功を顕著に示しています。Lumenis Oneに対する顧客の需要は世界各地で高く、あらゆる皮膚タイプで良好な臨床結果が得られています。ルミナスは、引き続き顧客の特定のニーズに応える製品、患者に直接役立つ製品を市場に届けます。"

カリフォルニア州ニューポートビーチのDore Gilbert医師は、次のように語っています。"われわれの診療には次善の策を受け入れる余地はありません。Lumenis Oneを使えば患者が最善の結果を得ることが私には分かっています。本システムは効果が早く強力で、酒さや色素脱失といった難しい症状を処置することができます。患者データベース、専門家によるプリセットパラメータ、強力な接触冷却機能が備わっているため、私としては自信を持って施術を任せることができます。スタッフも非常に気に入っており、絶えず操作を行うスタッフが3名いますが、もう1名加えることを検討しています。"

新しいAlumaモジュールを備えたLumenis Oneは、3月4~6日にサンフランシスコで開催される第64回米国皮膚科学会(AAD)年次総会で大々的に取り上げられる予定です。AAD総会のルミナスブースでは、エステティック部門の全製品が展示されます。ルミナスのエステティック部門製品について詳しくは、http://www.aesthetic.lumenis.comをご覧ください。