プレスリリース

ルミナス、新しい眼科技術の世界的独占販売権に投資

ルミナス、新しい眼科技術の世界的独占販売権に投資
画期的治療法、SRTは網膜のレーザー療法に革命を起こす

 
 
◆ 2006年6月26日 YOKNEAM, Israel
 

メディカル・エステティック・眼科・歯科・獣医学用レーザーの領域における医療用レーザー、IPLシステムのグローバルメーカーであり、販売元であるルミナス(LUME.PK)は、SRT~選択的に網膜の疾患を治療する為の新しいレーザー治療法~の世界的独占販売権を取得したことを発表しました。この権利はMedizinisches Laserzentrum Lubeck GmbH、マサチューセッツ総合病院、そしてReginald Birngruber博士がルミナスに認可したライセンスも含んでいます。
 
SRTについて
眼科学においてレーザーは、目の病気に冒された患者の視力維持に大きな影響を与えます。従来のレーザー療法は、病気の進行を遅らせるのに効果的ですが、患部を選択的に焼灼できないため、治療した部分の視力が回復あるいは改善することはほとんどありません。
それに対しSRTは、網膜の後方にある特定の細胞(網膜色素上皮)を選択的に標的とし、治療する斬新な技術です。ほとんど熱が発生しないので、周囲の視細胞は損害を受けることはなく、本来の働きを維持することができます。したがってSRTは様々な網膜の疾患をもつ患者が、視力維持力を高める可能性を持つ網膜レーザー治療法のパラダイム・シフト(従来の常識が通用しないような大きな変化)となります。

社長兼最高経営責任者であるAvner Raz氏はこう述べています。「ルミナスは、有効性の高いレーザー医療技術業界をリードし続けています。SRTもそうです。ルミナスは眼科レーザー革新における40年という歴史に基づき、SRTを世界的に開発・生産する唯一無二の会社として位置づけられています。この新技術のもつ可能性の応用として糖尿病や加齢黄斑変性症があり、その技術は大きな進歩を遂げています。また、業界の専門家によれば、この二つの疾患は世界的に人口が増加し、或いは世代交代するに従い深刻さを増し、失明を引き起こす要因となっています。
我々はSRTが眼科医と彼らの患者たちへ示す前向きな解決策は、網膜のレーザー治療分野における分岐点を意味していると信じています。」

Medizinisches Laserzentrum Lubeck(ドイツ)の長であり、ハーバード・メディカル・スクール(アメリカ)の客員教授も務めるBirngruber教授によると、「網膜および後極部に影響を及ぼす眼科疾患へのさらなる挑戦といえるでしょう。糖尿病性網膜症および加齢黄斑変性症(AMD)といった治療可能な網膜の疾患は現在、主に他の方法で治療しています。レーザー光凝固治療法は糖尿病性網膜症患者への一般的な治療法として受け入れられており、また、光線力学療法はAMD患者の治療のために現在一般的に用いられている治療法です。この二つのレーザー治療法はともに病状の進行を遅くしますが視力を回復または改善することはほとんどありません。その一方、SRTは両方の疾患に対処する可能性を持っています。これは眼科そして視力温存のための真の突破口となります。」
選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT)のパイオニアであるMark Latina博士はさらにコメントしています。「我々のゴールは視覚疾患の治療において、より正確かつ効果的であるだけでなく、優しくかつ穏やかなレーザー治療を開発することです。SRTとその作用機序は、開放隅角緑内障の初回治療に使用し高い効果をあげているSLTに似ています。」

「SRTは技術的な挑戦となる偉大なコンセプトをもっています。Photomedicineを行っているWellman Centerでは、我々は、その完全な臨床使用を可能とするこのレーザー技術のための治療フィードバックシステムを開発しています。」と、Charles Lin博士(ハーバード・メディカル・スクール助教授)は述べました。

SRTの臨床研究について
ルミナスは、SRTの開発を進めるために、Photomedicine(マサチューセッツ総合病院)を行っているWellman CenterのCharles Lin博士への認可に加え、マサチューセッツ総合病院で、Medizinisches Laserzentrum Lubeck (MLL)のBirngruber教授およびMark Latina博士との個別研究協定を結びました。またルミナスは、以前より糖尿病黄斑症、糖尿病性網膜症、一部のオカルト脈絡膜新生血管、一部の滲出型AMD、中心性漿液性脈絡膜網膜症に対するSRTの効能を評価する国際的な集中研究を支援しています。これらの予備臨床研究は現在までの間、非常に有望な結果を実証しています。

ルミナスは、現在レーザー・システム設計についての研究を行なっており、今年後半にさらに大規模で国際的な集中臨床研究を始めることを計画しています。製品の市場導入(上市)のタイミングは、現在の研究活動およびそれに関連する長期臨床研究の成果によるでしょう。