カスタマーサービス

pr_txt-mtn_call.gif

保守契約ご案内 レーザー装置及び光治療器
~突然の故障でも、治療への支障と費用負担を最小限にするために~

ルミナスのカスタマーファーストな取り組み

ルミナスの製品をご購入後は、お客様の機器が購入時の機能を保てるように、さまざまなサービス体制を作り上げています。
レーザー機器は特に精密な技術を用いていますので、その保守管理には専門的な知識を要し、時には高価な部品の交換なども必要になります。
購入後1年間の保証期間後に速やかに保守契約をしていただくことによって、突然の出費や機器の故障によるダウンタイムを最小限にすることができます。またルミナスでは、専門知識を持った技術者を全国各地に配置しており、緊急時にも速やかな対応が可能です。

患者さんにより安全な医療サービスをご提供いただくために
保守点検、予防保守が必要です。

  1. 医療機器の保守点検は医療法に定められています。
  2. 保守点検の実施主体である病院等においては適切な実施が必要です。
  3. 医療機器の保守点検に関する計画の策定と適切な実施が必要です。
    "特定保守医療機器"
  4. 医療機器の保守点検は業務委託することが可能です。

サービス体制

医療機器を安心・安全にご使用いただくために、弊社カスタマーサービスは自社医療機器の点検、修理を専門に行い高度なノウハウを保持し、きちんと精度管理された各種専用の治具・測定器を使用して保守点検作業を行います。
弊社では、点検、修理のご依頼に対してスポット対応や各種保守契約プログラムをご用意しています。
また、薬事法第40条の2第1項に規定する医療機器の修理業の許可を受けた者(特定保守管理医療機器の修理区分許可を受けた修理業者)を派遣します。

保守管理の必要性

カスタマーサービス

患者さんにより安全な医療サービスをご提供いただくために、機器の安全性と性能維持を目的とした保守点検・予防保守が確実に実施されていることが重要です。
使用頻度、経年劣化による部品の摩耗・消耗等により性能が損なわれたり、状況によっては故障が発生します。未然に故障を防ぐ、また劣化部分などを早期発見するためにも年間保守契約をお勧めします。


保守契約の種類

年間保守契約

保守プログラム 定期点検
(1回/年)
交換部品 発振管
(レザーチューブ/ヘッド)
作業員専門
技術料金/
訪問費用
ブロンズ ×
(有償)

(発振管/消耗品を除く)
×
(有償)
×
(有償)
シルバー
(発振管/消耗品を除く)
×
(有償)
ゴールド
(発振管/消耗品を除く)

(有償)定価×0.7
プラチナ
(発振管/消耗品を除く)

(有償)定価×0.5
ダイヤモンド
(消耗品を除く)

※複数台の同時契約、または複数年の契約をご検討の場合、価格に関しましては弊社サービススタッフにお問い合わせください。


保守契約のメリット

customer_figure1.png

品 質

 常に安定した機器状態を維持することが出来ます。

安全性

 性能を保つことで安心してご使用いただけます。

有効性

 安全で的確な治療ができます。

トラブルの予防処置

故障時の修理サービスにも随時対応できます。
部品交換が必要となる故障時には、保守契約のお客様のために確保しております部品によりスムーズな交換が可能となります。(契約内容により一部対応しない交換部品もございます)

ダウンタイムの短縮

常に安定した機器状態を維持することができ、いつも安心してご使用いただくことができます。

計画的な予算運用

年間保守契約料金をお支払いいただいていれば、高額な部品を交換した場合でも費用は発生しませんので、突然の出費を避けることができ、予算計画が立てやすくなります。
また保守契約による定期的なメンテナンスにより、長期に渡り機器性能を維持しながら使用できますので総費用の抑制に繋がります。

Q&A

Q.製品に保守期間はありますか?

A.機器をお買い上げいただいてから1年間が保証期間です。この保証期間内に機器が故障した場合は、原則として無償で修理を行います。この期間を過ぎた時点で年間保守契約を締結していただくか、有料でスポット保守を行うかを選択して頂きます。


Q.どうやって契約すればよいですか?

A.1年間の保証期間が終了する前にカスタマーコールセンターにお電話下さい。担当のサービススタッフが詳しくご説明致します。また、保証期間外の製品について新規に保守契約を行う場合、一度メンテナンスを行い良品であることを確認していただいた上で契約を締結することができます。


Q.なるべく早く修理に来て欲しいのですが

A.故障が生じた場合には、カスタマーコールセンターにお電話下さい。詳しい状況をお聞きし、機器本体(消耗品を除く)の故障と診断された場合、サービススタッフが修理に伺います。保守契約をされているお客様は、保守契約者専用に確保している部品がございますので、部品手配の時間が短縮できます。

スポット保守・・・年間保守契約を締結されていない装置が対象となります。
故障時または点検時に訪問基本料、専門技術料および部品代がかかります。


Q.保守点検についての法律はあるのですか?

A.厚生労働省の通達により、「病院もしくは診療所の開設者または医師、歯科医師等は、医療機器の適正な使用を確保するため、保守点検を適切に実施するよう努めなければならない。」とされています。この保守点検については、資格を有する業者に委託して行うことが認められています。


pr_txt-mtn_call.gif