セレクタⅡ オフサルミックレーザー

  • 選択的光加熱分解理論※を応用した、最新の開放隅角緑内障レーザー治療です。
  • 線維柱帯の有色素細胞のみを選択的に非加熱照射します。
  • 線維柱帯構造や無色素細胞には影響を与えずに房水流出抵抗を軽減します。
  • 低侵襲で合併症もありません。
    ALT既施行眼に対しても新しい選択肢となります。
  • 優れた眼圧下降効果が得られます。   
  • お手持ちのゴールドマン型スリットランプのトノメーターマウントに簡単に取り付けることができます。
  • 小型、軽量なので移動も容易です。  
※ 特定の色素は一定の波長の光をよく吸収し、レーザーの出力と照射時間が熱損傷に直接関係する。









 仕 様                        承認番号:21500BZY00148000
 レーザ QスイッチNd:YAG 半波長 532nm
 パルス幅 3ナノセカンド
 エネルギー 2mj以下
 パルス設定 シングルパルス
 スポットサイズ 400ミクロン
 エイミングビーム ダイオードレーザ(連続可変)
 冷却方式 空冷
 電源 100V、50/60Hz
 重量(モジュール) 11kg
 サイズ 220(W)×300(D)×430(H)mm