セレクタ オフサルミック レーザシステム セレクタ デュエット

SelectaDuetキャッチ.jpg

最新の緑内障治療と白内障治療に対応する本器は、世界中の眼科医、特に緑内障専門医がルミナス製のSLTレーザを積極的に選択している事実に基づき、彼らからのフィードバックを元に新たに開発されました。

SelectaDuet.jpg■ スリットランプ一体化デザイン

■ 視認性と操作性に優れた大型LCDコントロールユニットを採用

■ SLT/YAGの両機能はLCDコントロールユニットで容易に切替可能

■ レーザ照射はスリットランプジョイスティックボタンにて操作(オプションでフットスイッチも選択可能)

 

 

 

SLT Selective Laser Trabeculoplasty

(選択的レーザ線維柱帯形成術)

∇ 選択的光加熱分解理論※を応用した最新のレーザ治療です。
  ◕ エネルギー密度が非常に低いため安全で低侵襲です
  ◕ 重篤な合併症がありません
  (※ 特定の色素は一定の波長光の吸収に優れ、レーザの出力と照射時間が熱損傷に直接関係する)

∇線維柱帯の有色素細胞のみを選択的に非加熱照射します。
  ◕ 線維柱帯の基本構造には影響を与えません
  ◕ 反復照射が可能です
  ◕ 外科的手術への影響がありません

∇優れた眼圧下降効果が得られます。
  ◕ ALT既施行眼に対しても治療法の選択肢となります
  ◕ 薬剤との併用療法が可能です

      slt_グラフ.jpg 

   

 

 

 

 

YAG

∇スーパーガウシアンビームプロファイル

SelctaDuetグラフ2.jpg 

  ◕より低いエネルギーで最大の効果を得ることができます

∇フォーカスシフト
  ◕ 後方100~350ミクロンの設定により様々な症例に対応します

∇ 倍率変換ユニット標準装備
  ◕ x6、x9、x16、x28、x42の5変倍ユニットにより治療部位の微細な観察が可能です 

仕 様                         承認番号:22100BZX01111000

一般的名称

眼科用パルスレーザ手術装置

販売名

セレクタ オフサルミック レーザシステム

レーザモード

SLTモード

YAGモード

レーザシステム

Qスイッチ半波長Nd:YAG

QスイッチNd:YAG

レーザ波長

532nm

1064nm

レーザ出力

最大2.0mJ

最大10mJ

パルス幅

3ナノセカンド

パルス設定

シングル

1,2,3パルス/バースト

スポットサイズ

400μm

8μmFWHM)

フォーカスシフト

後方 100350μm

エイミングビーム

半導体レーザ

冷却

空冷

入力電源

100V, 5060Hz

重量

60Kg

サイズ

スモール (W)630 x (D)400 X (H;テーブル)695~945mm

ラージ (W)880 x (D)450 X (H;テーブル)695~945mm