プレスリリース

ルミナス、M22の新しいノンアブレイティブフラクショナルモジュールであるResurFXのFDA認可を取得

◆2013年9月16日 - Yokneam, Israel

FDA.jpgサージカル、エステティック、そして眼科における世界最大の医療用レーザーカンパニーであるルミナスは、FDA(アメリカ食品医薬品局)より新しいノンアブレイティブフラクショナルレーザモジュールであるResurFX™の510(k)認可を取得したことを発表しました。ResurFXはフラクショナルでノンアブレイティブなスキンリサーフェシング治療の機能をさらに拡張したM22の最新アプリケーションモジュールであり、近年で最も急成長を遂げている、ミニマルインベイシブ治療のひとつです。

ResurFXは、他のノンアブレイティブフラクショナルテクノロジーにはない均一に整った凝固パターンを可能にし、一度のパスで治療が可能な1565nmのファイバーレーザと独自のCoolScan™スキャナーを使用します。この機能により施術時間が短縮され、患者の皮膚への影響は小さく抑えられます。スキャナーは形状、サイズや密度を最適な治療と目指す結果に合わせて600以上の組み合わせから選択することができます。CoolScanはパルスの間に皮膚組織を冷却することで過熱を防ぎながら、制御された非連続的な各フラクショナルスポットを作るという独自のアルゴリズムを採用しています。

「皮膚科医として、私はつねに効果と侵襲における適切なバランスを保つレーザ治療を探しています」とNew York Laser & Skin Careの医師、ディレクターであるDr. Arielle N. B. Kauvarはコメントしています。「ResurFXによって我々は痛みとダウンタイムを最小限に抑えながら顔や体の肌トーンと質感を向上させるソリューションを手に入れることができます。」

ルミナスのM22は、1台に30以上の疾患治療に対応する3つのゴールドスタンダードテクノロジー:Optimal Pulse Technology™を持つIPL、Nd:YAG、そして今回のResurFXとすべて揃えた美容向けワークステーションを備えた唯一のマルチアプリケーションプラットフォームです。

「CoolScanスキャナーを使うResurFXにより、患者の快適性や安全性を損なうことなくより短い時間で素晴らしい効果をあげることができます。」とSan Diegoにあるカリフォルニア大学の臨床皮膚科教授であるMitchel P. Goldman氏は述べています。
「ResurFXを備えたM22は患者の皮膚状態に幅広く対応できる、コストパフォーマンスの高いソリューションです。」

「我々は1台に集約した3つのゴールドスタンダードテクノロジーを皮膚科医の方々に提供することができます。」とルミナスのAesthetic Strategic Business部門のVice President兼General ManagerであるRoy Ramatiは述べています。
「ここ数年における11種の新製品や、近々発表される製品とともにルミナスは医療用レーザを世界最初に上市した1966年にまで遡る革新の賜物を、さらに発展させることに取り組んでいます。」

9月18日から21日までカンヌで開催される5大陸会議(5CC)において、ResurFXはルミナスの主力製品のひとつとして取り上げられます。

発表日程、内容等詳細はLumenisホームページをご参照ください。